話題沸騰!中古車買取と「リサイクル料」ってどうでしょう

自家用車を売り払うさいの段取りには買取、そして下取がございます。下取の場合は次の所有車を入手すると同時に前の車を買い取っていただくというものです。大概新車の販売会社が引受をおこなうため買い取りプライスの方はわりと低めに見られる場合が多いです。

一方、買い取りの方は自動車買取専門ショップが行っているもので、中古車として販売することを前提に買い取り価格を決めるので、どちらかというと高額な買い取りが望めるでしょう。何れにしてもマイカーを売却することであり、売る前に買い取り額を決定するための値踏みがされることとなります。

査定をして頂く場合気に掛かるのはリサイクル料となります。お車見積もりで示される額というのはくるまそのものの価格、自家用車に付いてくる自賠責保険とかリサイクル料等々入れた価格の二種類が御座います。リサイクル料に関しては自動車をゲットした場合、若しくはリサイクル料が払われてなかったときには車検の際に支払われるもので、のちにクルマを廃車として解体処分するケースで必要になるエアバッグ類、フロン類、シュレッダーダスト等リサイクルする際の料金ということで使用されます。リサイクル料金は自動車リサイクルシステム(JARS)に預けることになり、処分するさいに自動車リサイクルシステムから支払されるということとなります。

料金は大体、軽なら8千円くらい、国産車で10000円程、輸入車等で1.5万円ほど、その他で2万円位を入れる必要が有ります。大抵の愛車買取であれば、こういった「リサイクル料」をユースドカーの引受けプライスとは他のものとして引き取られる事となる訳ですが、リサイクルの代金をいれて評定価格となっている場合も有り、買い取りを希望する場合にはまずは確認しておくのが大事です。