使用済みの車を売却する際の進め方について、ここでじっくりと見ていきましょう

古い自動車を売りわたす場合の手立てというと下取り、そして買い取りの両方が有りますね。下取の場合というのは新しい自家用車を買う際、これまで乗っていた使った自動車を引き上げていただくというものです。たいていは新車販売店が引取りをするので買取プライスのほうはやや低価格に見られることが多いです。

他方、買取の方はおクルマ買取専業店が行なっていて、古い自動車として販売することを予定に買い上げの価格を決めるので、結構高額の買い受けが期待できるでしょう。いずれにしろ使用していた自動車を引き受けてもらうことであり、その前に買い上げプライスを決定するための格づけがされることとなります。

見立てを依頼するとして気に掛かるのが「リサイクル料」です。中古自動車の見たてで示されるプライスとしては愛車そのものの額、自動車に附随するリサイクル料や自賠責保険などなど入れたお値段の2つの種類がございます。リサイクル料は中古の自動車を買った際、又は「リサイクル料」が未払いのときには車検の時に支払いとなりますので、のちに使った自動車を廃車にして解体する場合必要なエアバッグ類、フロン類、シュレッダーダストなどリサイクルするときの料金として使用されます。リサイクル料は自動車リサイクルシステム(JARS)に預けておくこととなり、解体する時JARSから支払されるということとなります。

その際の代金は大体、軽自動車で8千円位、普通車の場合10000円位、外国製自動車等であれば1.5万円ほど、その他で2万円程度をいれる必要が有ります。だいたいの自動車引き取りの場合、これらのリサイクル料を使った自動車の買い受け価格とは別ということで買取される事となるワケですが、リサイクル代金を入れて買取り価格となっているケースもあり、買取りをお願いする場合には事前に確認しておくということが必要です。