使用済みの自動車の引き上げプライスに事故歴はどれ程関係してしまうのでしょうか?とりあえず当ページにて確認しましょう

中古車引取りについてオーダーした時には、まずは格づけを受ける事となります。その際の見立ての方は買取り業者の担当者がするわけですが、u-car市場の値段などから決定されるといったこととなります。

大抵u-carということで売り出されている値段の2~3割位が買取金額とされているようですが、人気車ですとか、希少価値のある車等のケースでは高い値段が出るといった時もあるでしょう。その他、年式は新しい方がもちろん高い査定となります。ただ、これらの買取額はその使っていた車が完全な状態であり、パーフェクトじゃないケースだと低く査定されます。とりわけ事故車などは査定に大きく影響してきます。

事故歴とは言っても定義が微妙ですが、基本的には車両の骨組みであるフレームの方にまで跡を残すような事故を起こした車は事故車として扱われます。こういった事故歴のあるクルマはいずれなにか悪影響が出るという危険性がありますので、見積価格に於いてはダメなものとなるのです。とは言ってもフレームの方にまでダメージがなく、ボディをリペアしたくらいだったらなりませんが、しかし修復歴としては付きます。

言うまでもなく修復歴がついてしまいますのでデメリットの害はある訳ですが、事故車に比べ安く査定されることは無いでしょう。また、エンジン等にトラブルが起きているときもマイナスという事で査定されますし、普段からの整備の良し悪しが査定額に影響してきます。

その辺は我々には気づかない所ですが、査定をする会社ではしっかりその辺をチェックしてくる筈です。

どっちにしても修理した痕跡が存在しないことが中古車買取金額に関して上昇できるかどうかの条件となってきます。