使っていた自動車の見たては割賦払いの終了前の場合だったとしてもオッケーでしょうか?こちらを見てみましょう

中古車の買取り業者に審査額を依頼したものの、ローンが完済できていないといったこともあるでしょう。そういったケースだと、売却しようとするマイカーの所有権が自分なのか別の方なのかどうかとにもかくにも確認することが必要です。

実際に、所有者についてどの部分を確認すると把握できるのかといえば、自動車検査証に記入された名前の方が使用ずみの自動車の名義の人となる訳です。

マイカーを買う時に銀行等が提供する割賦払いを組んだ場合は、この「自動車検査証」に載っている名前がアナタのお名前になっていると思いますが、その自動車ローンを契約したのが信販系の会社などの時には名前がその信販会社の名前になる筈です。信販系で割賦契約を組む場合どんな理由でこのような形で信販会社をオーナーとして記載しているかと言えば、その理由は毎月の支払いが滞った時に、直ちにそのおクルマを担保として確保することを考えている為です。

このような理由から所有者名義がローン会社にある時にはそのクルマを好きなように売り払う事はできないのです。それであっても売ってしまいたいなら先に残債をすべて終わりにするか分割払いの設定し直しをすることで名義をご自身に変更してから売り払うことが必要です。とはいっても実際問題こうした事が出来るのは現在お手持ちの現金がとても多い時という事に限られてしまいます。それじゃあ資産があまりない人はどうすることが望ましいでしょう。

そうした際は診断をして頂いた使用ずみの自動車買い取り専門店に訳を話すと、ユースドカーの買取価格から残りの返済分をキレイにし、名義人をアナタの名前に変更していただくことができるというワケです。手続きも全てをお店の方に任せることが可能なので安心です。