今日は日本自動車査定協会の取組のこと

マイカーの買い取り・下取時には、間違いなく査定をすることでしょう。査定イコール、お客さんから買い取りや下取りする時にまともな見立てをするための手続きであり、その為にはたくさんの人から納得され、尚且つ承諾されたやり方で行わないとまずいのです。とはいえ、消費者側からすれば、査定がどんな感じでやられているのか具体的に認識していなかったり、キチンとした進め方で実施されているのかは案外知ることが出来ないケースがほとんどです。そうはいっても値踏みというのはマイカーの値段を決断する非常に大切な過程ですので、考え方やその方法に色んなものがあると社会の混乱の理由にもなる可能性があります。

このような混乱を生じさせないためにも「日本自動車査定協会」という呼称の機関が設立され、中古自動車査定制度を取り決めしているのです。

日本自動車査定協会というのは、厳正な値踏みが浸透するように活動している機関のことで、私たちが不安なく見積に出すことができ、そのうえで納得のいく結果になるような土台作りの務めをしています。

分かりやすい活動の内容は、例を挙げるとしっかりした査定士を輩出する為の試験を行っており、査定協会がおこなっている学科及びスキル研修を受けて頂き、そして査定士技能検定試験にクリアすることで一定のスキルを持つ査定士としての資格が受け取れます。その上で査定士として働く為には協会への登録が必須となり、きちんとした見識や規律をもって消費者の所有車の品定めを行います。要は適正な査定を出すための資格を持つ人間が評定をしますので、客側もリラックスして買い取りまたは下取に持っていくことが出来るというわけです。