まさかの中古車査定と事故歴の感想、所感

古いユースドカー引受けをお願いしたときは、とりあえず見積もりを受ける事になります。その際の見積もりについては買い取り専門店の人が行うわけですが、クルママーケットの相場等から計算されることとなります。

だいたい古い車ということで売りに出されている値段の20~30%ほどが査定額と言われていますが、評判の車種や、珍しい車種であるケースでは高い見積金額がでるといった場合もあるでしょう。他にも、製造年は新しい方が高い査定となります。一方、こうした買取の値段はそのマイカーが万全な状態の場合であって、完全ではないときは低い鑑定となります。特に事故歴は査定に結構関係します。

事故の跡といっても定義があいまいですが、とりあえずお車の基礎となるフレームの方にまで影響しているような事故をしてしまったお車はこれに当てはまります。そうした事故歴のあるクルマは将来においてなにかしらの悪影響が出てくるかもしれないという危険がありますので、プライスに於いては悪材料となってしまいます。とはいえ、フレームにまで影響しておらず、外側を修復した程度であれば問題ありませんが、とはいえ修理歴が付いてしまいます。

勿論、修復歴は付く訳なのでデメリットの影響が有るのですが、事故車に比べて低く値踏みされることはございません。その他、変速機やエンジンなどに問題が発生している場合にもマイナスという事で査定されますし、日頃のメンテナンスの状態がプライスに関わってきます。

このあたりは素人目には気づかない所ですが、見積もりを行う買い取りの専門店ではちゃんとそのあたりも見てくるでしょう。

どちらにせよ修復歴としてはないということがお車プライスがアップできるか否かのポイントとなってきます。