ついにきた、車買取、そしてリサイクル料のいろいろ

所有車を処分するときの仕方には買取と下取りの両方がございます。下取りの場合というのは新しい愛車を購入するかわり、これまでの自家用車を引き取っていただくというものです。大概新車ディーラーが買い取りをすることになるため買取金額は割と低く見られがちです。

一方、買取りの場合にはクルマ買い取り専門店がしているもので、中古の車という名目で店頭に並べることを前提に買取りの額を決定するので、どちらかといえば高値での引受が期待できます。どちらにしても車を売却する事であり、引き取ってもらう前に買取りプライスを決めるための鑑定がおこなわれることとなります。

鑑定をおこなうとして気に掛かるのはリサイクル料になります。自動車鑑定で提示される金額というのはクルマそれ自体の額、お車についてくる自賠責保険とかリサイクル料などを含んだ価格の2種類がありますございます。リサイクル料についてはマイカーを買った時、若しくはリサイクル料が払われてなかったケースでは車検を通した場合に支払われるもので、将来、自動車を廃車として処分する場合に必要になるシュレッダーダスト、フロン類、エアバッグ類等をリサイクルするときのコストということで使用されます。リサイクル料金は自動車リサイクルシステム(JARS)に預けることになり、解体処分するケースで自動車リサイクルシステムから払われることになります。

料金は大体、軽で8000円ほど、国産車だと1万円くらい、外国の車等で1.5万円ほど、そのほかで2万円程度を納める必要があったりします。大概のお車引受けですと、そういったリサイクルの代金を自動車の買い取り金額とは他のものとして引き受けされる事になるわけですが、リサイクル代金を含めて買い取り金額となってるケースも有り、引受けを望んでいる場合はチェックしておくということが大事なこととなります。