きましたね「ローン中の車売却」について思うこと

車買取店に見積もりを依頼したものの、分割金を完済していないということもあるでしょう。そういった際は、買取りしてほしいマイカーの所有がご本人であるのか誰かほかの人なのかどうかについてまず確認することが求められます。

本当のところ、持ち主についてはどの辺を見ればわかるのかといいますと、自動車検査証に記載されているお名前の方が自動車の持ち主となります。

自動車を買う時点で銀行などの分割払いを設定されたケースでは、こちらの自動車検査証に書かれている氏名が自分の氏名になってるはずですが、割賦払いを設定したのがクレジット会社である場合だとお名前がそこの記載となっているのです。クレジット会社で割賦契約を組む場合どういう理由でこんな風にクレジット会社を所有権者として登録しているのかと言いますと、その理由としては返済が滞納されたときに、速攻でお車を差し押さえて確保するためです。

こうした事情で所有者名義がクレジット会社となっている時にはそちらのくるまを好きなように売却することは出来ないのです。それであっても売却したいのであれば支払いを全て終わらせるか、割賦契約の組み替えをして所有権を貴方の氏名に変更した後で手放す必要性が出てきます。とはいえ実際問題そんな事が可能なのは今お手持ちのお金がとても多い場合になってしまいます。であるならば、キャッシュが無い人はどのようにしたら望ましいでしょう。

そんな時には見積もりをやっていただいたクルマ買い取りのお店に相談すれば、愛車の売却額から残った返済分を返済し、所有者の部分をあなたの姓名に変更してもらうことができるという訳です。手続きに関しても全てを買取り業者に任せることが可能なので安心です。