お待ちかね、車売却とリサイクル料について思うこと

自動車を売るさいのやり方というと下取と買取というのが一般的です。下取の場合は次の自動車を購入する時、これ迄の自家用車を買受してもらうというものです。主としては取扱店が引受をすることになるので買取額のほうはどちらかといえば低目に見られるケースが多いです。

一方、買い取りのほうは中古車買取専門店がおこなっており、中古の車として売却することを前提に引き取りのプライスを決めるため、わりと高プライスの引受けが望めるでしょう。何れにしても自分のクルマのを売却することであり、売却する前に引受けプライスを決めるための見積もりが行われます。

見積もりを依頼する時気になるのがリサイクル料になります。車見積もりで出される価格としてはその自家用車そのものの価格、中古車についてくる自賠責保険やリサイクル料などなど含んだ価格の二つの種類がございます。リサイクル料についてはマイカーを入手したさい、若しくはリサイクル料が未払いだった場合には車検の場合に支払いになりますので、将来、お車を廃車にして解体処分する時必要になるエアバッグ類、フロン類、シュレッダーダストなどリサイクルする際の代金として使われます。リサイクル料は自動車リサイクルシステム(JARS)に預け入れることとなり、解体処分する場合に自動車リサイクルシステムから払われることになります。

費用は大体、軽で8000円ほど、国産車であれば1万円ほど、外車とかで1.5万円ほど、そのほかで2万円程度を納める必要が御座います。大半の自家用車買取りでは、そうしたリサイクルの代金をお車の引取り値段とは別で買い取りされるという事となるんですが、リサイクルの料金を含んで買取価格だという場合も有り、引受けを希望という際にはまずはチェックしておくということが大事なこととなります。