お待ちかね、車売却とリサイクル料について

中古車を売る時の方法としては下取り、そして買い取りというのがございます。下取りの場合というのはおニューの自分の車のをゲットすると同時に古い所有車を引き取って頂くというものです。大体は新車取扱店が買い取りをするのでプライスのほうはやや低価格に見られることが多いです。

他方、買取りのケースは中古車買取専門ショップがおこなっており、ユーズドカーとして販売することを前提に買取りの価格を決めるため、わりと高プライスの引取りが期待できます。いずれにしろ自分の車のを売却することであり、売却をする前に買取価格を決定するための査定が行われます。

鑑定を依頼する場合に気に掛かるのがリサイクル料です。ユーズドカー査定で提示される金額としてはその自家用車そのものの値段、お車に附随する自賠責保険やリサイクル料等いれた値段の2つの種類が有ります。リサイクル料については愛車をゲットしたさい、もしくはリサイクル料が未納だったときには車検のさいに支払いとなりますので、将来的に自分のクルマのを廃車にして解体するさいに必要なエアバッグ類、フロン類、シュレッダーダストなどリサイクルする時の費用として使われます。リサイクル料金は自動車リサイクルシステム(JARS)に預けることになり、解体処分する時JARSから支払されることになります。

料金は大体、軽で8000円程、国産車の場合で1万円程、外車とかで1.5万円くらい、そのほかで20000円程をいれる必要性があります。たいがいのマイカー引き受けの場合、こういった「リサイクル料」を愛車の買い取り額とは他のものとして買取られるということになるのですが、リサイクルの代金を含んで見積もり値段だという場合も有り、買取りを依頼する場合にあらかじめチェックしておくのが大事な事となります。