お待ちかね、中古自動車査定制度に関して

マイカーの下取・買取時は、必ず査定をさせて頂きます。この場合の査定とは、お客様から買い取りや下取りの際にきっちりした評価を下す為の作業であり、その為にはたくさんの人から認識され、かつ合意された仕方をしないと良くありません。なのですが、お客様側からしたら、鑑定がどんなふうにやられているのか具体的に確認できてなかったり、しっかりしたやり方で行われてるかどうかはどうしても確認することができなかったりもするものです。そうはいっても見積の方はお車の値打ちを決断するとても重大な方法ですので、考えや方法に種々のものがあれば社会の混乱の要因にもなってしまうわけです。

そうしたパニック状態を生じさせないためにも「日本自動車査定協会」と呼ばれる機関が設立され、中古自動車査定制度を打ち立てているのです。

「日本自動車査定協会」は、適正な値踏みが行われるように動いている団体であり、お客さんが安心して車を審査に提出でき、更に満足のいく結果となるシステムを構築する務めをしています。

内容的には、例えばまっとうな査定士を増加させるための検定をおこなっており、査定協会がおこなっている学科や技能研修を受けて頂き、その後査定士技能検定試験にクリアすることで一定の技能を持つ査定士としての資格が与えられます。更に査定士として活動するためには教会へ登録することが必要となり、しっかりとした知識や責務をもってお客さんの愛車の評定をします。つまりはしっかりした査定を出すための資格を保持している人が評定を実施しますので、お客さんも不安な思いをせずに買い取りや下取りに持っていくことが可能となるわけです。