あの中古車買取とリサイクル料について調べてみた

自家用車を売却する際の手続きというと下取、そして買取というのが御座います。下取のケースというのは新しい愛車を買う時、これ迄の車を買受して頂くというものです。主としては新車の販売店が買取りをすることになるので売り値はやや低価格になることが多いです。

他方、買い取りの方は車買取り専門の業者がやっており、中古車という名目で販売する事を前提として買取りの値段を決定するので、わりと高めの買取が期待できます。いずれにしても所有車を売る事であり、売却をする前に引受け額を決めるための値踏みが行われることとなります。

審査を依頼するさいに気になるのはリサイクル料になります。クルマ見積もりで示されるプライスとしてはその自分の車のそのものの額、お車についてくるリサイクル料とか自賠責保険等いれた額の二つの種類があります。「リサイクル料」はくるまを入手した時、またはリサイクル料が未払いだったケースでは車検を受けた時支払いとなりますので、将来、愛車を廃車として解体処分するさいに必要となるシュレッダーダスト、エアバッグ類、フロン類などなどリサイクルする時の費用という名目で使用されます。リサイクル料金はJARS(自動車リサイクルシステム)に預けることとなり、処分する場合JARSから支払われるということとなります。

料金は大体、軽なら8000円くらい、国産車で1万円ほど、外車等で1万5千円程、そのほかで20000円ほどをいれる必要があります。たいていのお車引受けだと、これらのリサイクル料金をユースドカーの引取り価格とは別で買い取りされる事になる訳ですが、リサイクル料金を含んで評価のプライスだというケースも有り、引取りを望んでいるケースで事前に確認しておくのが大事な事となります。